山形大学 - 工学部 応用生命システム工学科 / 大学院 応用生命システム工学専攻


採用担当の方へ:

 本研究室の学生は,電気回路,情報,制御といった電気電子・情報系科目と遺伝子,生物,生理といった生命系科目を習得しております。また,研究室に配属された際には,物質科学(金属・炭素・セラミックス・ポリマー,これらの構造解析や特性評価)と生命科学(医工学・組織工学・生物学・細菌学など)の基礎と応用を学ぶことになります。つまり,極めて広範囲な科目を履修しておりますので,学生は社会で必要となる様々な基礎知識を持っています。研究室学生のコミュニケーション力や恒常的意欲は非常に高く,特に,博士前期・後期課程修了者においては制御・化学・物質・生物を専攻した学生と同等の知識とスキルを有しています。
 研究室の教育指針は,礼節・規律・競争・互助です。これは,私が近年の脆弱な道徳教育に一石を投じたいとの考えに基づいています。また,学識だけでなく,学生が実社会で生き抜く力を養うことは大学教育の使命と考えておりますので,様々なイベントやインターンシップに学生を参加させており,教育指針と相まって,学生は即戦力の社会人としての心構えが身に付いております。
 素材・医療機器分野や新規事業に参入を考えている企業の採用担当の方々におかれましては,上記をお酌み取り頂き,本研究室学生の採用に関して,ご配慮頂きますよう,宜しくお願い申し上げます。