山形大学 - 工学部 応用生命システム工学科 / 大学院 応用生命システム工学専攻


御挨拶

山形大学大学院理工学研究科 山本 修 教授

 当研究室は,応用生命システム工学分野に属しておりますが,研究の基礎学問は化学,物理学,生物学や基礎医学と多岐にわたっており,全国的に希なバックグランドをもっています。工学分野ではありますが,臨床医学分野との連携を深めて医療に貢献する工学研究を行っています。

  代謝機能不全,細菌感染症や癌などは,健康障害を引き起こす大きな原因となっています。人が健全に生きるには,これら原因を起こさないように予防することが最善ですが,残念ながら,多くの人は何らかの病気に罹患しています。不幸にも歯周病などの歯科・口腔内疾病,関節症や骨粗鬆症などの骨疾病,固形・転移癌を発症した場合には,外科的治療が行われることがあり,結果として感染症による多臓器不全や歯・骨の損失を伴うことがあります。このような病気に対して,工学分野の研究は年々重要になっています。最近では,様々な人工素材(抗菌材料・生体埋入材料・留置材料),間葉系細胞を用いた歯・骨再生医療,癌細胞を標的とした無機/分子ナノ材料(ドラックデリバリー)による癌細胞の死滅など,健康を取り戻すため(生体機能を修復)の研究が行われております。私たちは,このような先端研究を行い,患者様に適用できる最適で新規な人工材料の研究,人工材料や間葉系細胞を用いた歯・骨・皮膚・血管の再建・再生研究を通じて,早期に健全な生活を取り戻すための臨床医療に貢献することを目指しています。
 上記の研究分野以外に,半導体・導電材料,構造材料,高温材料や食品保存などの研究をしておりましたので,多岐にわたる研究を行うことができます。皆様におかれましては,材料科学から生物学・基礎医学までを総括した総合的研究を行える研究室であることをご理解頂けますと幸甚に存じます。
 どうぞ,宜しくお願い申し上げます。


研究テーマ:
  1.  1.歯科・整形外科領域に用いる生体材料の開発とIn vivo評価
  2.  2.骨再生因子を含む包帯の開発とIn vivo評価
  3.  3.皮膚組織の再生促進及び肉芽種形成の軽減を目指す塗布材料の開発とIn vivo評価
  4.  4.生体に安全な鉱物の抗菌特性評価
  5.  5.癌治療用ナノ微粒子の合成とIn vivo評価
  6.  6.太陽電池・タッチパネル・血糖センサーに用いる透明電極材料の作製とその特性
  7.  7.間葉系細胞を用いた硬骨・軟骨の再生研究
 (In vivo評価:実験動物を用いた生体内評価)

 本研究室は,山形大学医学部歯科口腔・形成外科学講座・飯野光喜 主任教授,秋田大学医学部附属病院歯科口腔外科・福田雅幸 病院教授,東京工業大学応用セラミックス研究所・川路均 教授,神奈川工科大学・小池あゆみ 教授,三菱マテリアル電子化成(株),世田谷精機(株),東海カーボン(株)など,学内外を問わずに共同研究を推進しています。

 →山本修研究室紹介ポスター(pdfファイル)